あると幅が広がるプラスアルファ要素について

日本国内で日本語教師として働きたいという場合、その対象は「国内に住む外国人・赴任中の会社員や家族」という人たちが中心になるでしょう。
そのような場合、日本語教師としてお仕事をしていくうえで「あるとよいもの」ということもいくつかあるようです。
今回は、そのような部分について具体的に見ていきましょう。

■海外の人と交流をする仕事ととらえる

日本語教師はその名前の通りに、日本語を教えるという仕事になります。
しかし、ただ日本語を教えるというばかりではないのです。
これはある意味「交流」ともいえるのです。
外国といってもたくさんの国があり、それぞれによって文化や風習というものが異なってきます。
それらを踏まえたうえで日本語を教えるという意識も大切といえるでしょう。

■コミュニケーション能力について

教科書通りに進めていくというのではなく、ある程度のコミュニケーションも必要となってきます。
積極的に受け入れ接していくこともまた、日本語教師として大切な業務の1つでもあるのです。

■職場によってはビジネス知識も必要

さらには、企業に勤めるという場合には日本におけるビジネスマナーやビジネス用語を教えるという必要性も出てきます。
このことから、日本語教師においてもそれらの知識を求められることも多くなってくるのです。
場合によっては専門的な用語を認識しておく必要もあるでしょう。

■日本語教師として成長をすること

今回は、日本語教師としてお仕事をするにあたっての「プラスアルファ要素」についてみていきました。
最初からすべてをというのではなく、段階的に習得をしてスキルアップを目指していくとよいかもしれません。
希望のスタイルがあるという方はこれらの要素も考えておくとよいでしょう。

関連する記事